ワンレバーの蛇口の水漏れと修理交換

水道に取り付けられている蛇口は、水量を調整するために大事な場所で、水を止めるために必要な機能を持っています。それだけ水圧を受けて力もかかるため、消耗品となるパーツも交換しなければ水漏れが発生してする原因となってしまいます。

■どうしても弱いレバー部分

近年定番となりつつあるワンレバー混合タイプの蛇口で水漏れが起きる原因のひとつは、どうしてもレバーが1本しかないため操作でかかる力が強いため、弱くなったり破損したりしやすいことでしょう。このタイプは動かしやすいという利点がある反面で、破損すると修理のしようがなくなり本体ごとの蛇口 交換を考えなければいけません。その間は、当然水道も使えないため大きな問題になります。
また、ワンレバー混合タイプの蛇口は、構造の難しいセンサーが入っているものもあるので、専門的な知識のある修理業者に依頼した方が良いでしょう。

■高機能化した蛇口の交換は

最近の蛇口は、高機能になってきています。新しい蛇口 交換しようとしたときも、高性能なものが候補に挙がるでしょう。ホームセンターなどでも見つけることができますが、これは素人では交換が難しいものになってしまいます。細かな部品も多く、専用の工具が必要になるでしょう。ナットを回すとしてもモンキーレンチでは大きすぎてはいらないことも出てきます。しっかりととりつけなければ水漏れの原因となるため、蛇口 交換は専門業者に依頼した方が、確実な方法です。

■まとめ
蛇口もいろいろな種類があります。その中でもワンレバー混合タイプの蛇口は、故障して水漏れが発生した時に自分での修理が難しいものになります。また、しっかりと水漏れしている部分の対応をしなければ防ぐことは出来ませんが、近年では性能の高い蛇口が販売されており、それに伴い小さい部品や専用の工具が必要となっています。どちらの場合でも専門の業者に依頼することで、確実に水漏れが防げます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ