水漏れの修理の前におこなうこと

水漏れが起きたときに、いったいどのような対処をしたらいいのかとパニックになってしまいがちですが、まずは落ち着くことが必要です。そしてこれ以上、水が流れ出ない状況を作ることが優先です。水が流れてこなければ被害が急激に悪化することはないので、一旦落ち着いて修理や業者の手配を、焦らずできるでしょう。

■止水栓を締めて対応する

水漏れを確認できたとき、水道管からつながってきている部分であれば、まずは給水を止めなければいけません。水が供給され続けていれば、水漏れが続くからです。水を止めさえすれば、現在ため込んでいる分以上は漏れだすことがありません。そのための装置が止水栓であり、各設備に取り付けられています。
一般的に止水栓と呼ばれていますが、水道管側に供給を止められる栓のことです。これを締めるだけでも、水は流れなくなるため、水漏れを止められます。
中には止水栓を回すために工具が必要になることもあります。手で回せない場合には、マイナスドライバーで対応できるでしょう。

■根本的な元栓を締める方法

止水栓を締めても水漏れがあるときは、これより別のところに問題があるといえますから、止水栓をいくら締めても効果はありません。止水栓本体から漏れてきているケースもあります。
対応策としては、計量メーターの近くにある元栓を締めることです。設備から離れた位置にありますが、この元栓を締めることで家庭に供給されているすべての水を止めます。つまり、止水栓から漏れていても関係がありません。

■まとめ
止水栓や元栓の位置と役割を知っているだけでも、水道 修理の対応は素早くできるでしょう。水漏れの被害も抑えられるため、何も問題がないときでも普段から場所と工具の必要性を調べておきましょう。試しに回してみて、固着していないかどうかも調べておけばさらに安全です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ