水漏れの修理に自信がないときは

水漏れしているのを見つけたら、まずは自分で修理ができるかどうかを判断しなければいけません。もしも自分で修理することに自信がない時には、専門の業者に依頼して確実に修理することも大切です。自分で修理する際には、必要となる工具や交換する部品を購入しなければいけません。ここまで考えて、自分と業者のどちらが費用が抑えられるかどうかも判断する必要が出てきます。

■水回りなら水漏れはどこでも起きる

水漏れは、家庭内のいたるところで発生する可能性があります。配管は壁の中や床下を通していますし、水を使う設備もいろいろとあるでしょう。
各所に取り付けられている蛇口からや、パッキンやコマといった消耗品が劣化して水漏れしている場合もあります。原因が消耗品にある場合には交換が必要となりますが、交換方法が分かるのであれば、自分で行っても問題ありません。ただし、何でもこうした仕組みや方法がわかるわけではありません。

■無理になおそうと思わないこと

構造についての知識があり、構造的に経験から故障個所の予測がつけば、自分で修理しても問題はないでしょう。少しでも不安があるというなら、やめておく方が賢明です。他にも工具や部品が足りない場合にも、代用品などで修理しようと思わず専門業者に依頼した方が良いでしょう。
水回りは、うまくいかなければ、塞ぎきれなかったわずかな隙間からでも水漏れを起こすのが問題です。専門業者を依頼することになれば、二度手間になるので判断はしっかりつけることが大切です。

■まとめ
場合によって自分で修理ができることは、費用面から考えると大変お得です。しかし専門業者のほうが、確実で素早いことも間違いないでしょう。専門業者のほうが、工具や道具をそろえるよりも安上がりなことも良くあります。水漏れは止めなければ漏れ続けますので、被害が広がらないうちに修理に失敗するリスクも踏まえ、どちらにするのかを素早く決めることが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ