早急に対応するべき水漏れの修理

早急に対応するべき水漏れの修理 生活に欠かせないものはいろいろとありますが、水ほど重要なものもありません。とても大切なもので、古くからライフラインとして構築されてきました。日本は水資源が豊富で、ほとんど困ることはありません。それでも、水漏れが起きて使えなくなれば、大きな問題です。
住環境にダメージを与えるうえに、集合住宅では下の階に、一戸建てなら床下に漏れだします。下の階から見れば、天上から水が流れてくる状態です。床下に流れれば、その湿度によって部材を傷めるとともに、白アリの発生などにもつながります。
水漏れは、できるだけ早期に解決することが重要です。給湯器 水漏れのように、自分で直せないものは、専門業者に依頼してでも水漏れを修理し、状況を改善させなければいけません。

■家庭内の水回りはトラブルを起こす可能性がある

家庭内の水周りには、キッチンやトイレ、風呂場といった複数の設備があり、それぞれが必要です。これらの設備のいずれでも、トラブルが発生する可能性はありますので、水漏れが起こった場合の対策も考えておかなければいけません。
こうした複数の異なる設備を使っているからこそ、普段から豊かな生活ができるでしょう。しかし、使えなくなってしまえば大きな問題です。基本的なこととして接続部品が多くなると、それだけトラブルが起きやすくなります。パッキンも使われますが、消耗品として交換もしなければいけません。管自体もダメージを受ければ、割れることも出てきます。ここから水漏れすることも考えなければいけません。

■漏れだしたらどうなるかを考える
水漏れは、基本的にそのまま放置していても止まることはありません。逆に放置していたにも関わらず止まった場合は、何かしらが詰まっている可能性が考えられます。
また、水道管は水に圧力をかけて送りだしてくるため、ほんのわずかな隙間でも吹き出す可能性があります。このまま水が流れていくことになれば、床が水浸しになる以外にも費用面で大きな影響があります。例えば、水を止めなければ24時間流れ続けるため、水道代が膨大な金額になることがあります。水道代だけではなく、集合住宅の場合は水が下の階の部屋に流れることが想定されます。そうなると部屋の中にあるあらゆるものにかかるでしょう。当然損害も賠償するように請求されるため、大損害を生み出します。恐ろしいほどの請求が起こる場合もあることを理解しておかなければいけません。

■すぐに発見できないこともある

水漏れは、いつでも発見できるわけではありません。気づかないこともあるのが、水のトラブルの怖さです。配管は見える場所に配置はされません。ほとんどは見えない場所に設置されます。壁の中や床下に配管が伸びており、ここから漏れてしまえば、判別がつきません。
配管内で水が凍結してしまうと、そのまま膨張して管を破壊することが出てきます。非常に大きな問題になりやすいのは、すぐに気がつかないところでしょう。地中に埋められている配管でも同じように破損する可能性があります。
実際に判別するのは、土が濡れているかどうかといったところです。さらに、メーターが動いているかどうかや、音がする場合もあるでしょう。最終的には、水道代が異常に増加してきたときに気がつきます。

■まとめ
水漏れは、とにかく早く修理するのが一番です。時間をかければ、それだけ損害が増えます。そのままになっていても、なにもいいことはありません。自分で修理することができないのなら、早急に専門業者に依頼することが必要です。被害が広がるよりも、はるかに安上がりになるでしょう。こうした水のトラブルは、常に想定していかなければいけません。そのために参考にしていただければ幸いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース